桃の木停の由来

:長寿伝説による神仙が培ったという千桃は三千万年に一回花が咲き、三千万年に一回実ると言われます。したがって桃は人間の長生きを祝う、祝い事に欠かせない果物となりました。

:休憩、休まるところ、ほっとするところ、皆が集まるところ、楽しみの基点、停泊、停車場、停留

これらのところから、人生長い間がんばって生きていた高齢者の方々に、ゆっくりと楽しくくつろいで頂ける所という意味が「桃の木停」のネーミングの根拠となっております。この他に、桃(もも)=百(もも)、百歳(100歳)になってもまだまだお元気でいて頂きたいという思いもこめております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です